マウイ島日帰り観光

今日は初めてのマウイ島。その日帰り観光である。

 

ルックJTBのオプショナルツアー『マウイ島日帰り観光』

日本で申し込んだルックJTBのオプショナルツアー『マウイ島日帰り観光』。代金はハワイ到着後の現地払いで、$243.00 × 2人。

 

ルックJTBのオプショナルツアー『マウイ島日帰り観光』

06:00 シェラトン前に集合し、バスでホノルル空港へ到着するも天気は雨。ここからハワイアン航空でマウイ島のカフルイ空港まで空の旅。

 

ハレアカラ

ハレアカラ

マウイ島に到着すると幸いにも天候は晴れ。マウイ島最高峰の『ハレアカラ(Haleakala)』は標高3,055mの火山。ほぼ山頂にある駐車場の横の景色はまるで月面のようで神秘的。

 

ハレアカラ

高山病回避のため数回の休憩を挟みつつ登ってきたバスだが、道がカーブだらけで車酔いしてしまった顔色の悪いひろこ。なおかつ雲の上という標高なので長袖でも若干寒い。しかし途中、車窓から銀剣草も発見できたりで楽しい。

 

コーラル ファクトリー

コーラル ファクトリー

ハレアカラを下山し、次に立ち寄ったというか連れてこられたのは、多種多様な珊瑚の装飾品が売られている『コーラル ファクトリー』。ひろしとひろこはそういう類の装飾品には全く関心がないので、必死に売り込んでいた店員もやがて諦める。

 

メモ

名 称:コーラル ファクトリー
他表記:Coral Factory
所在地:700 Kaonawai Place Kahului
ご注意:この記事の情報は2003年10月ごろのものです。

 

イアオ ニードル

イアオ ニードル

あの尖がった山が『イアオ ニードル(Iao Needle)』。

 

イアオ ニードル

次から次へと若者が橋の上から川へと飛び込んでいる。

 

トロピカル レストラン

マウイ島トロピカル レストラン

昼食は『トロピカル レストラン(Tropical Restaurant)』。

 

マウイ島トロピカル レストラン

「美味しくなさそうなものが出てきたなぁ」と思いながら食べ始めたのだが、これがどうしたことかメチャクチャ旨い!ひろしもひろこもあっという間に完食。

 

マウイ島トロピカル レストラン

敷地内は見事なまでに美しい庭園。

 

ラハイナ

ラハイナのハワイ諸島で一番大きなバニヤンツリー。

『ラハイナ(Lahaina)』で散策。ハワイ諸島で一番大きなバニヤンツリー。

 

さとうきび列車

マウイ島さとうきび列車

『さとうきび列車(Sugar Cane Train)』の[ラハイナ駅]。

 

マウイ島さとうきび列車

木製の橋脚がカッコイイ。

 

マウイ島さとうきび列車

カアナパリ地区を縦断する。

 

マウイ島さとうきび列車

[プウウコリイ駅]に到着。 名物車掌と記念撮影。

 

マウイ島さとうきび列車

先頭に行って、蒸気機関車と一緒に記念撮影。

 

ウェスティン マウイ

ウェスティン マウイ

トイレ休憩で立ち寄ったカアナパリにある『ウェスティン マウイ』。敷地内の池にはフラミンゴがたたずむ。

 

ウェスティン マウイ

ビーチに出てみると、意外にも砂浜地帯はちょっと貧相。このあと、カフルイ空港からハワイアン航空でオアフ島まで帰る。

 

ラーメンなかむら

ラーメンなかむら

『マウイ島日帰り観光』はシェラトン前で解散。晩御飯はテレビでおなじみの小倉智明がオーナーを務める『ラーメンなかむら』で【Ramen Combo/$11.00くらい(tip15%込み)】を二人でシェア。北海道石狩太美にあるラーメン屋『なかむら』からのれん分けしてもらったらしい。

 

ラーメンなかむらのラーメンコンボを二人でシェアしたため満腹には足りず、ABCストアでスパムむすびを買ってホテルの部屋で食べる。しかし、温めるのを忘れて不味くてしょうがない。

 

メモ

名 称:ラーメンなかむら
他表記:Ramen Nakamura
所在地:2141 Kalakaua Ave., Honolulu
ご注意:この記事の情報は2003年10月ごろのものです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました