関空で空港野宿って快適!

搭乗する航空便が 07:50 出発のためチェックイン締切時刻は 07:00 という早朝便のため前日の夜からの『関空で空港野宿』に挑戦してみた。実はひろし宅からだと、始発電車に乗ることでギリギリ間に合うのだが『ピーチ(Peach)』のチェックインは1分でも締切時刻を過ぎればアウトなので少し不安。ほかには深夜に自家用車を運転していくこともできるが、たまにある路面凍結が心配。ということで今回は『関空で空港野宿』を決行することとなった。

 

関空で空港野宿

まずやるべきことは、案内センターに行って毛布を借りること。案内センターは第1ターミナル2階の北側、ローソンのすぐそば。無料で貸してくれる。

 

関空で空港野宿

貸し出しは 23:00~翌朝06:00。

 

関空で空港野宿

4階に行ってみると、ベッドみたいに配列している椅子を発見。お借りした毛布2枚はフカフカしていてまぁまぁ豪華なもの。

 

関空で空港野宿

4階のこの場所で寝ることに決定。明るいのでアイマスクは必須。正直なところ毛布が必要ないくらいに空調が快適。頻繁に警察官が見回りに来るが、一応貴重品は身につけて寝た。寝過ごす心配もない。05:00になると大音量の音楽が館内に響き渡り、いやおうなく目が覚める。『関空で空港野宿』は予想をはるかに超えて快適であった。

 

関空で空港野宿

00:10 ターミナル3階。明るいが人がいないので若干不気味な雰囲気。

 

関空で空港野宿

2階の南側では天井の工事中。かなりうるさい。

 

関空で空港野宿

00:15 ターミナル2階の北側。ベンチでは寝ている人もいるがそこそこ人通りがある。この後も沖縄便が遅延して到着する予定。コンビニやマクドナルドなど24時間オープンしている店が数件ある。

 

関空で空港野宿

00:22 さすが24時間空港だけあって、天津から到着したばかりの搭乗客が到着口から出てきて賑やか。もちろんベンチではたくさんの人が寝ている。

 

 

タイトルとURLをコピーしました