『宮古島東急ホテル&リゾーツ』良いね!

宮古島に来るのは初めて、かつ今回限りかもしれないので、ちょっと贅沢に『宮古島東急ホテル&リゾーツ』に泊まることにした。

 

今回の宮古島旅行の旅行商品の内容や料金はこちら

 

左の高いほうがコーラルウイング(新館)で、右がオーシャンウイング(本館)。写真は公式HPより。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

そこそこ豪華で広々としたフロント。台風が多かったり湿度が高かったりが理由だと思うが、開放感はない。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

オーシャンウイング(本館)の513号室。禁煙ルーム。広さは十分でゆったり感がある。ベランダの掃き出し窓には網戸もあるのだが、なにしろ宮古島の湿度が異常に高く不快指数はかなりのもので、まったく外気を通す気にはなれない。普段、エアコン嫌いのひろこでさえ、ここではエアコンを有難く感じているようだ。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

洗面所とバス・トイレは、完全ガラス張り。もちろん温水洗浄便座トイレ。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

ワイキキシェラトンを彷彿させるつくり。 目隠し引き戸を開けると、ベッドルームからは洗面所、さらにガラス張りのバス・トイレまでも丸見えである。こういったところは非日常的でリゾートを感じさせる。クローゼットの中にはセーフティボックスも完備。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

ベランダビュー。各ベランダには花壇があって南国植物に触れることができる。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

ホテル敷地からのビーチ出入口にはビーチハウスがある。部屋番号を告げることで無料でビーチタオルを借りられる。砂落とし用シャワーもたくさんあるし、きれいな更衣室もある。もちろん宿泊者は無料。浮き輪等を膨らますためのコンプレッサー空気入れもある。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

ホテル前は東洋一美しいと言われる『与那覇前浜』の一部。そんなに広くはないが、きちんとハブクラゲやサメなどを防いでくれるネットがあって安心。ただし珊瑚などはなく、たまに小魚が泳いでいる程度でシュノーケル好きのひろしとひろこには少し物足りない。ズラリと並んでいるビーチパラソルとチェアは宿泊者は無料で利用でき、セレブ気分でくつろげる。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

ホテルの敷地内には広大なラグーンやトロピカルガーデンがあり散策が楽しい。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

まるでモアナルアガーデン!気分は常夏のハワイ。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

モンステラもハワイ並みに大きい。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

1日目の朝食は『シャングリ ラ』で。宮古島特産の料理を含め品数は豊富。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

『シャングリ ラ』にはリゾート感あふれるテラス席もある。なぜか誰も座っていない。ひろしとひろこはこの席に魅了され座ったものの、あまりの湿度に食欲すら減衰し、わずか3分で食事を持って室内に戻った。2日目の朝食は『やえびし』。どちらも贅沢な朝食を味わうことができた。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

本日のイベント。20:00~約30分間、中庭の屋外ステージで<エイサー演舞>が催される。部屋のベランダから見ていたが、せっかくだからステージ近くまで降りて見てみる。大勢のホテル客が見に来ていた。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

全部屋のベランダ照明が点灯しているので、稼働率に関係なく夜景はきれい。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

夜間は〔スターダストバルコニー〕といって本館と新館の屋上が開放される。ただ、残念なことに屋上出入口付近の照明が明るすぎて、暗めの星は隠れてしまう。砂浜ではヤドカリがウヨウヨと出現。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

ハワイのABCストアみたいなショップ『プルメリア』。他にもホテル館内には民芸品の売店『琉球特選館』やコンビニの『ビィッテ』がある。

 

宮古島東急ホテル&リゾーツ

本館と新館をつなぐ通路の地下1階。奥に見えるのがコンビニの『ビィッテ』。ホテル内散策が楽しい。

 

メモ

名 称:宮古島東急ホテル&リゾーツ
所在地:沖縄県宮古島市下地字与那覇914
ご注意:この記事の情報は2015年06月ごろのものです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました