『四季彩の丘』広大な花畑が美しい

有名なので『四季彩の丘』にも行ってみた。

 

道を間違えて『美馬牛駅』

美馬牛(びばうし)駅

『四季彩の丘』に向かっている途中、道を間違えて『美馬牛(びばうし)駅』に来てしまった。

 

美馬牛(びばうし)駅

ちょうど「ノロッコ号」が来た。降りてきたのは大量のアジア系外国人。ワイワイガヤガヤと楽しそう。迎えに来た大型観光バスに乗ってどこかへ行ってしまった。

 

四季彩の丘

四季彩の丘

ようやく『四季彩の丘』に到着。入場無料だが維持管理費用として一人200円相当の募金をお願いしているため寄付箱が設置されている。この手前に有名な『美馬牛小学校』があったが立入禁止となっていた。

 

四季彩の丘ロール君

入場してすぐのところにたたずむロール君に歓迎される。

 

四季彩の丘

広大な花畑。丘の上のほうに行きたくなるが、丘の下のほうから見るほうがきれい。

 

四季彩の丘

「四季彩ノロッコ号/500円」で園内を一周できる。乗車時間約15分。

 

メモ

名 称:四季彩の丘
所在地:北海道美瑛町新星第三
駐車場:あり
ご注意:この記事の情報は2016年07月ごろのものです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました