『首里城』行って良かった

帰阪するのは今日の夕方。それまでの時間、こんな機会でもないと行かないであろう『首里城』に行ってみることにする。

 

『パシフィックホテル沖縄』から最寄りの『旭橋駅』まで800mあるのでタクシーを利用する。乗車時間約7分で560円。

 

ゆいレールで『旭橋駅』から『首里駅』まで約15分で300円。

 

首里城

 『首里駅』のロッカーにキャリーケースや余分な荷物を預けて身軽になる。

 

首里城

首里城『瑞泉門』。首里駅からすぐと思いきや約1km歩いてきたところにある。

 

目的地の有料エリアまでもうすぐ。

 

首里城

入館料820円を支払って、いよいよ『御庭』へ。

 

首里城

奉神門を通って中に入ると、正殿に対して垂直になっていない御庭の有名な赤い通路(浮道)が目に飛び込んでくる。首里城へ来たぞという実感がわく。

 

首里城

ここから入ると『南殿』『正殿』『北殿』と内部を見てまわることができる。かなり見ごたえのある資料が多数展示されている。

 

首里城

途中に『鎖の間(さすのま)』があり、310円で王朝時代からの伝統菓子やお茶を味わうことができる。整理番号札を渡されて少しの時間待つ。

 

首里城

国指定名勝の庭園に隣接したきれいな部屋。よくある琉球畳でないのが気になるひろし。

 

首里城

【さんぴん茶(おかわり自由)+花ぼうる+ちいるんこう+くんぺん/計310円】。担当者は首里城に関連した解説してくれたり、おかわりのお茶をそそいでくれたり。静かな雰囲気の中、癒されるひとときであった。

 

首里城

正殿の内部はさすがに華やか。このあと首里城をあとにし『首里駅』に戻る。

 

首里城

こんな模型もある。

 

メモ

名 称:首里城
他表記:しゅりじょう
所在地:沖縄県那覇市首里金城町1-2
ご注意:この記事の情報は2016年09月ごろのものです。

 


 

再びゆいレールで『首里駅』から『那覇空港駅』まで約30分で330円。改札は切符を裏返してQRコードを読み取らせるシステム。ICOCAは利用不可。

 

車両の一番前に設置されている特殊な座席に座れて楽しい。

 

15:05『牧志駅』あたりから激しい雨が降り始めた。

 

 

タイトルとURLをコピーしました