キャセイパシフィック航空ビジネスクラスで[関空→香港]

この旅はひろこの「ビジネスクラスに乗りたい!」という一言から始まった。

 

「もったいない!」とひろしは言葉を返した。ビジネスクラスに乗るくらいなら、その分現地で贅沢できるというのがひろしの意見である。とりあえずこの話は一旦終わって数日が過ぎた。ある日、ひろこは旅行会社から『NOE SKYTOUR 11万円でビジネスクラス』というパンフレットを持ち帰る。目を通してみると、これならなんとか許容範囲かと心が揺らぎ、思案した結果、最終的にはひろこのビジネスクラス願望に妥協することとなった。

以下のすべてが含まれる基本代金(2人分)

  • キャセイ パシフィック航空 (ビジネスクラス)往復
  • ザ ヴェネチアン マカオ リゾート ホテル(部屋指定なし,食事なし)2泊
  • 金光飛航 往復
  • マカオ市内観光(昼食付)
  • 香港市内観光(朝昼夕食付)
220,000円
国内空港使用料(2人分) 6,080円
現地空港税(2人分) 8,840円
合計(2人分) 234,920円
キャセイのビジネスクラス専用カウンター

空港でのチェックインはビジネスクラス専用のカウンターがあり、行列で並んでいるエコノミー客を横目に一切並ぶことなく手続きを済ませられる。嬉しそうなひろこ。

 

ビジネスクラス専用のファストレーン

保安検査場に入るときも〔Fast Lane〕という別入口があり一切並ぶことなく入場できる。あちらの大行列のエコノミー客とは大違い。なぜか検査も優しい。

 

関空のラウンジパシフィック

Gate13付近にあるキャセイ パシフィック航空の『ラウンジ パシフィック』。先ほどチェックイン時にもらった「LOUNGE INVITATION(招待状)」を渡して入場。もちろんビジネスクラスだから利用できる。

 

関空のラウンジパシフィック

落ち着いた良い雰囲気。ここで出発時刻までのんびり過ごす。

 

関空のラウンジパシフィック

牛乳、ジュース、各種リキュール類、生ビールも飲み放題。マグカップサイズのチキンラーメンはお手軽で良い。お味噌汁はびっくりするほど具がたっぷり。サンドウィッチやご飯類も食べ放題。お菓子類も豊富にそろっている。

 

CX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200

Gate2に接続されたCX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200。実際は出発が10分早くなり09:10出発sとなった。

 

[優先搭乗案内中]ということでエコノミー客より先にゲートを通過できる。

 

CX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200のビジネスクラス

ビジネスクラスはこれが全貌で計42席。座席配列は2+3+2。

 

CX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200のビジネスクラス

身長155cmのひろこだとフットレストを出してもこの余裕。ここから座面が前方へとスライドしながらのリクライニングとなるのだが、それを最傾斜させても足先が前席にぶつかることはなかった。ただしフルフラットにはならない。また背面はというと固定壁となっているので、もし前席がリクライニングしても、こちらは1mmたりとも狭くはならない。すべて電動式。

 

CX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200のビジネスクラス

エコノミー客があたふたと搭乗している最中、おしぼりとウェルカムドリンクが配られる。まだ離陸はしていない。これをすべて飲み干してグラスが回収されて、ようやく出発のアナウンスが流れる。

 

CX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200のビジネスクラス

離陸してしばらくすると、CAから朝食メニューが配られる。英語と中国語のみ。

 

CX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200のビジネスクラスの機内食

ひろしが選んだ【Chinese dim sum(中華点心)】セット。えびシューマイや鶏中華ちまきってとこか。本格中華の味でかなり旨い!

 

CX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200のビジネスクラスの機内食

ひろこが選んだ【Baked sea bass saikyouyaki】セット。つまり西京焼定食。なかなか美味しいではないか!

 

CX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200のビジネスクラスの機内食

【Bread Basket】。パンとジャムはCAが座席まで配りに来てくれて個数も種類も自分で選ぶ。パンも美味しい!カプチーノなんかも頼める。

 

CX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200のビジネスクラスの機内食

最後はシリアル的なもの。数種類から選ぶことができる。

 

CX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200のビジネスクラス

ひじ掛けに収納されたリモコンは手元まで延ばすことができる。ヘッドホンも音質の良い機器。ひじ掛けの内側には電動シートのスイッチ類。さらにその下にはポケットがあり何かと便利。

 

CX567(JL7051)便[09:20関西→12:20香港]機材B777-200のビジネスクラス

液晶画面で楽しめる映画などは日本語にも対応。画面の右横にはUSB電源。そしてその横にはスマホ入れ。《Xperia Z3 Compact SO-02G 4.6インチ》 がちょうど納まるサイズ。今の時代では若干小さいかも。

 

香港空港

定刻通り12:20到着。香港空港はとにかく広いので2分毎にやってくるシャトル電車を利用する。入国検査場を意味する[入境檢查]の表示を追っていく。入国カードは3枚綴りとなっていて、入国検査では1枚目だけ剥ぎ取られ、残りはマカオに向けて出国するときに必要なので捨ててしまわないように大事に持っておく。

 

香港空港

受託手荷物もないのだが12:50にようやく到着出口から出れた。

 

 

タイトルとURLをコピーしました