香港空港内のHSBC香港ATMから引き出す

香港ドル(現金)の調達は2011年にHSBC香港で口座を作ったので、香港空港のHSBC香港ATMから引き出す。もちろん口座に入っている香港ドルをそのまま香港ドルとして引き出すので両替手数料は不要。ATM利用料もかからない。

 

香港空港

到着ロビーに出たらNOEの添乗員が待ち受ける。「HSBCのATMで香港ドルを降ろしてきます」と告げてATMの場所を教えてもらう。

 

香港空港のHSBCのATM

第1ターミナル5階の到着出口Aと到着出口Bの間にある『HSBC匯豐』のATM。ちなみに空港のATMでは入金はできないので帰国の際は『HSBC匯豐』の窓口に行って入金する。ATMと違って窓口は24時間営業ではないので注意が必要。

 

香港空港のHSBCのATM

まずはキャッシュカードを挿入する。

 

香港空港のHSBCのATM

[PIN]の文字が表示されたら下部のテンキーで6ケタの暗証番号を入力する。

 

香港空港のHSBCのATM

香港ドルを引き出すのだから[Cash withdrawal -HKD]を選択。画面タッチではなく横のボタンを押す。

 

香港空港のHSBCのATM

どちらでも良いのだが、ひろしの口座状況からして[savings]を選択。ちなみに〔savings〕とは普通預金で〔current〕とは当座預金のこと。

 

香港空港のHSBCのATM

引き出す金額を選択。できるだけ各店舗では可能な限りクレジットカードを使う予定。ということで、少額でも十分だろうと[HKD400(約5500円)]を選択。

 

香港空港のHSBCのATM

もちろん記録として「通知書」がほしいので[Print advice & take card]を選択。

 

香港空港のHSBCのATM

通知書が出てきて、カードが出てきて、現金が出てくる。

 

空港での用事が済んだので、今からこのベンツで尖沙咀近くのDFSに行く。

 

ひろしとひろこの専用リムジンで快適!約30分でDFSに到着。

 

 

タイトルとURLをコピーしました