金光飛航(コタイ ウォーター ジェット)で[マカオ→香港]

今日は帰国日。というか、厳密にいうと翌日の早朝01:05に出発する便で帰国する。日中は香港観光。夕方に空港でチェックインし、出発時刻までラウンジを満喫する予定。もちろんそのラウンジはビジネスクラスを利用しているからこそ入場できる。

 

今回の『ビジネスクラスで行く香港・マカオ』の旅行商品の内容や料金はこちら

 

ヴェネチアンのチェックアウトを済まし、06:45に西門へとやって来た。

 

マカオから香港へは、往路と同じ金光飛航(コタイウォータージェット)に乗るので、氹仔(タイパ)客運碼頭まで案内してくれるスタッフと07:00に合流。この若い女性スタッフは生粋のマカオ人だが、日本語が堪能。その理由はアイドルグループ『嵐』の相葉君のファンだからだという。もちろん日本、それも大阪にも何度となく来ているらしい。

 

『氹仔(タイパ)客運碼頭』行きの無料シャトルバス乗り場。ここで07:10にスタッフとともに乗車。

 

金光飛航(コタイ ウォーター ジェット)でマカオから香港へ

07:16 『氹仔(タイパ)客運碼頭』到着。『嵐』ファンのスタッフとはここでお別れ。復路の乗船券は、往路のとき香港で添乗員からすでにもらっている。

 

金光飛航(コタイ ウォーター ジェット)でマカオから香港へ

出国手続き。マカオ入国の際にもらった『入境申報表』用紙とパスポートを見せるだけ。座席番号シールも貼ってもらい、無事にゲートエリアへ。

 

金光飛航(コタイ ウォーター ジェット)でマカオから香港へ

香港とは違って、のどかな雰囲気。『金光飛航(コタイ ウォーター ジェット)』に乗船。08:00に氹仔(タイパ)客運碼頭を出航。

 

金光飛航(コタイ ウォーター ジェット)でマカオから香港へ

最悪なことに冷房の強風がガンガンあたる座席で、ひろしもひろこも凍えそうだった。

 

金光飛航(コタイ ウォーター ジェット)でマカオから香港へ

香港の港澳碼頭に09:00到着。

 

金光飛航(コタイ ウォーター ジェット)でマカオから香港へ

入国審査でパスポートを見せ、昨夜ホテルの部屋で記入した入国カードを渡す。到着口から出れば香港入国。

 

ゲートを出たところで添乗員が待っていてくれた。「朝食~」という掛け声とともに連れていかれる。今日の香港観光の始まりである。

 

 

タイトルとURLをコピーしました