キャセイパシフィック航空ビジネスクラスで[香港→関空]

添乗員と交渉し、過去に見た《シンフォニー オブ ライツ》はキャンセルし、その分早めに空港へと送ってもらった。理由はこの旅行の本丸、キャセイ パシフィック航空の『ビジネス クラス ラウンジ』を楽しみたいからである。

 

今回の『ビジネスクラスで行く香港・マカオ』の旅行商品の内容や料金はこちら

 

ここまでベンツを運転してくれた運転手は、チェックインの手続きなど最後までお世話してくれた。ちなみにこの運転手も添乗員も、過去に日本に留学経験があるため日本語が堪能。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

香港空港出国エリアには『キャセイ ビジネス クラス ラウンジ』が

  • 《The Pier》
  • 《The Bridge》
  • 《The Cabin》
  • 《The Wing》

の4か所あって、それぞれ違った特徴がある。

 

《THE PIER》

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

まずは《THE PIER》を目指す。遠いのでシャトル電車を利用。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

ここが《THE PIERE》の入口。エレベーターかエスカレーターで1つ下の階におりる。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

入口で[LOUNGE RE-ENTRY]のハンコを押してもらって入場。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ
香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ
香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ
香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

《THE PIER》は1本の通路で各部屋が串刺しされているようなレイアウト。改装されて間もないゆえキレイ。不便な場所にあるからか、人も少なく良い雰囲気。軽食、食事、ヌードルバー、カフェなど好きな場所で好きなだけ無料で飲食できる。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

シャワールームもおしゃれできれい。変わった形状の歯ブラシなど、アメニティグッズもこだわったものが置かれている。ただ、このトイレの便座だけは気を付けなければならない。少し大きめの四角という形状ゆえなのか、着座すると腰に激痛が走るのである。ひろこも同じ体験をした。日本人の下半身には合わないのかも。

 

《THE BRIDGE》

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

次にやってきたのは《THE BRIDGE》。エスカレーターの先にある豪華で広い入口。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

明るくて賑やかな雰囲気。やたら白人率が高かった。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

カプセル型の座席がおもしろい。

 

《THE CABIN》

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

次は《THE CABIN》。エスカレーターはなく階段もしくはエレベーター。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

暗めの落ち着いたトーンの入口。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

薄暗い廊下で各部屋がつながれている。ここには刺身があった。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

個室っぽいシートもおもしろい。

 

《THE WING》

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

最後は《THE WING》。搭乗するゲートがこのすぐ横にあるし、最も深夜まで営業しているので、ここでゆっくり寛ぐつもり。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

まずはシャワーを浴びる。シャワーのつまみが特殊な形状のため操作に苦戦。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

おしゃれ過ぎて見つけにくい引き出しの中にアメニティグッズがあった。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

エレベーターで上階に行くと広々したラウンジがある。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

飲み放題のビールを取ってヌードル バーに行く。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジ

最も奥に位置する「ザ ヌードル バー」のコーナー。

 

香港空港のキャセイビジネスクラスラウンジの【雲呑湯麵(ワンタン麵)】と【擔擔麵(担々麺)】

【雲呑湯麵(ワンタン麵)】と【擔擔麵(担々麺)】のそれぞれハーフサイズ。散々いろんなラーメン類を食べてきたが、はっきり言って両方ともこれまでで最も美味しいと感激するほど。海老がプリプリで麵もシコシコでスープも身体に染みる美味しさのワンタン麵。クリーミーなゴマのスープが絡まるシコシコ麵の担々麺。これを食べるだけの目的でもビジネスクラスにしても良いと思うくらい!

 

01:15 Gate1でビジネスクラスの搭乗が始まった。ひろこが体に巻き付けているのはラウンジで寝るために借りていたブランケット。返却しようとすると「No!返さなくていい」と言われたので、そのまま体に巻き付けて搭乗口に並んでいる。

 

キャセイデライト

搭乗したらすぐにおしぼりとウェルカムドリンクが配られる。この緑色の飲み物はキュウイベースのノンアルコールジュース【キャセイ デライト】。美味しすぎてもう1杯おかわり。このあと、しばらくしてようやく機材が動き出し出発となる。CX566(JL7050)便[01:05香港→06:15関西]機材B777-200。

 

キャセイビジネスクラス機内食

夜食というか午前2~3時あたり。間違いなく美味しいのだが、眠たくて眠たくて睡魔と格闘しながらの食事摂取。実際にビジネスクラスで食事を摂っている人は2割程度で、他は就寝中。

 

06:45 定刻通り関空に到着。ビジネスクラスのためゆったりと安眠できるはずであったが、食事をとったり映画を視聴したりで寝不足という貧乏人あるあるのオチとなった。

 

 

タイトルとURLをコピーしました