『角館(かくのだて)』散策とランチ

秋田空港からバスに乗り、約1時間かけてやってきたのは『角館(かくのだて)』という江戸時代の武家屋敷が残っていて「みちのくの小京都」と呼ばれる町。

 

今回の旅行商品はTV番組『おはよう朝日です』で紹介されたもので、内容や料金などはこちら

秋田角館食彩町家館

11:00 バスは角館地区に侵入。車窓は角館の桧木内川(ひのきないがわ)とその桜並木。バスガイドは「春には圧巻!」と力説する。

 

秋田角館食彩町家館

11:10 バスは『食彩 町家館』に到着し横づけ。添乗員から『食彩 町家館』で使える1,000円分の館内利用券をもらう。ここから約2時間、各自で食事や散策を楽しむ。

 

秋田角館食彩町家館

ひとまず『食彩 町家館』の中に入ってみる。 内部は大きな吹き抜けの2階建て。1階はお土産屋と稲庭うどんを食べれるカウンターがある。2階は『町家キッチン』というビュッフェ。とりあえず、ここで昼食を摂ることにする。

 

秋田角館食彩町家館

1階の稲庭うどんは600円程度。対して2階の『町家キッチン』は秋田産食材を使った自然派バイキングで1,300円で少々高い。しかし、添乗員から1,000円分の館内利用券をもらっていることと稲庭うどんは『町家キッチン』のほうでも食べれるし、食後にコーヒーを飲んでゆっくり座れるということもあり、ひろしとひろこは2階の『町家キッチン』で昼食をとることに決定。

 

秋田角館食彩町家館

一通りお皿に盛るとこんな感じ。【稲庭うどん】も食べ放題。料理の種類もちょうど良いくらいで、味付けも美味しい。

 

秋田角館

食後は、角館の城下町を散策。江戸時代の武家屋敷が並ぶ。

 

秋田角館

武家屋敷の小田野家から入って河原田家に抜ける。両方とも入館無料。

 

秋田角館

途中、このような食事処もある。それにしても稲庭うどんって高い。もしかしてバイキングのとは雲泥の差で美味しいのかもしれない…。

 

秋田角館

青柳家の屋敷。ここは入館料がいるので有名な門だけ写真に収める。

 

秋田角館

囲炉裏の上に吊るして燻製にした大根を漬物にした秋田名物【いぶりがっこ】を買うため『美人ママの店』に立ち寄る。《美人ママ》とされる女性は只今席を外しているらしく、カメラに笑顔を振りまいてくれた女性店員は《美人ママ》ではない(美人じゃないと言っているわけではない)。

 

秋田角館

《美人ママ》はこの写真の女性。【いぶりがっこ/550円】を買う。この店のほかには『角館甘味茶房くら吉』が人気で混雑していた。

 

秋田角館

13:00 『食彩 町家館』に集合。最後にここでも【いぶりがっこ】を購入。帰宅して他店のものと食べ比べると、最も添加物が少なく個人的に最も美味しいと感じたのは、この『食彩 町家館』で買った【いぶりがっこ】であった。クリームチーズを乗せて食べる【いぶりがっこ】はビールやワインのおつまみに世界一と言っても過言ではないくらいに最高である!若干歩き疲れてバスに乗り込むと、バスガイドから【青豆のドラジェ】が配られる。青豆がホワイトチョコレートで包まれていて美味しい。

 

田沢湖(車窓から)

秋田田沢湖たつこ像

バスは角館を出発し田沢湖沿いを走る。田沢湖は水深423.4メートルと日本一深い。その湖畔にたたずむ金ピカの『たつこ像』を車窓から見る。

 

潟頭の霊泉(かたがしらのれいせん)

次に『潟頭の霊泉(かたがしらのれいせん)』を車窓から見る。

 

秋田御座石神社の七色木

1本の木から7種類の木が生えた『御座石神社の七色木』。

 

秋田蓬莱の松

『蓬莱の松』。この後バスは『乳頭温泉鶴の湯』へと向かっていく。

 

 

タイトルとURLをコピーしました