シンガポール航空で[シンガポール→大阪]

あっと言う間に帰国日。ひろしは朝07:30から『Raffles Place駅』で[ez-linkcard]の払い戻しの任務を遂行し、その後ひろこと一緒に57階『SPAGO』でまったりと朝食。部屋に戻ってからキャリーケースに荷物を片付けて部屋を出る。チェックアウトはひろこが手配してくれた『エクスプレスチェックアウト』を利用することで、大行列のフロントを避け、日本語専用カウンターであっさりと済ますことができた。

 

マリーナベイサンズシャトルバス乗り場

地下の駐車場前で11:00に集合。点呼してすぐ出発。

 

シンガポールチャンギ空港

シンガポールチャンギ国際空港に到着。ターミナル3でバスを降りる。

 

シンガポールチャンギ空港

現地スタッフに連れられてアイランド7でチェックイン。

 

シンガポールチャンギ空港

ここからゲートアリアに入場。ただしここで行うのは出国審査のみ。

 

シンガポールチャンギ空港

無事、出国審査を通過。セルフで機械を操作する簡単なもの。もし、操作がわからなかったらその様子を見て係員が素早く駆け付けてくれるので大丈夫。

 

シンガポールチャンギ空港

広いし、綺麗し、絨毯だし。

 

シンガポールチャンギ空港

銀行の『UOB』を発見!壁で囲ってなくて堅苦しさを感じさせないフレンドリーな雰囲気。ここで残っているシンガポールドルを日本円に両替する。

 

シンガポールチャンギ空港

無料だし面白いので自動運転のスカイトレインに乗ってみる。スカイトレインが走っているのは4か所。写真はターミナル3からターミナル2へと向かっているところ。

 

シンガポールチャンギ空港

そろそろ搭乗口のある『Gate lounges』というエリアに入場しておく。ここにはA1~A8のゲートがある。

 

シンガポールチャンギ空港

保安検査はこの『Gate lounges』に入場する際に行う。

 

シンガポールチャンギ空港

無事、保安検査を通過し『Gate lounges』へ入ってきた。特にこれと言った店舗などはないので、かなり退屈。搭乗時刻ぎりぎりに入場すべきだと思った。

 

シンガポール航空SQ616便機材A330-300

GateA4から40分遅れで搭乗開始。

 

シンガポール航空SQ616便機材A330-300

ボーディングブリッジ内でイヤホンを受け取る。

 

シンガポール航空SQ616便機材A330-300

SQ616便。最終的に定刻から35分遅れの[14:30シンガポールチャンギ→22:10関西]機材はA330-300。

 

シンガポール航空SQ616便機材A330-300

CAは細身の美人ばかりなので感心してしまうほど。

 

シンガポール航空SQ616便機材A330-300

離陸するとすぐにマレーシアの国土を横切る。

 

シンガポール航空SQ616便機材A330-300

日本語吹替でたくさんの映画を楽しめる。

 

シンガポール航空SQ616便機材A330-300

《画像クリックで拡大》昼食メニュー。

 

シンガポール航空SQ616便機材A330-300

ひろしは【インターナショナルセレクション】、ひろこは【和食】を注文しお互い分け合って様々な味を楽しむ。苦労して並び席を確保して良かったと思える瞬間である。チョコレートコーティングがパリパリでめちゃくちゃ美味しい【マグナムアイスクリームのハニカムクランチ】はどちらのメニューにもついている。マグナムとはヨーロッパのメーカーで、世界首位の売り上げを誇るらしい。日本でも販売すれば、そこそこ売れると思うのだが。

 

シンガポール航空SQ616便機材A330-300

定刻より35分遅れの22:10に関空に到着。今回は自家用車ではなく電車なので、最終電車に間に合うのかと結構ドキドキした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました