無料バスで『湯快リゾート宇奈月グランドホテル』

湯快リゾートからのハガキはいつもお得なクーポンとなっている。今回はこの[往復バス無料クーポン]を利用してみよう!ということで、どうせならそのバスが無料となる一番遠くの施設に行くことにする。

湯快リゾート宇奈月グランドホテル

今回郵送されてきた湯快リゾートからのお得なハガキ。わりと頻繁に送られてくる。このバス無料クーポンを見ると全施設が対象となるわけではなく新大阪発着だと9つの施設。その中で最も遠方にあるのは『宇奈月グランドホテル』である。もちろん遠方であればあるほどお得であるというセコイ考えに基づいている。本来なら2人で11880円のバス料金が無料になるのだ。またバス利用だと自家用車で行く場合と違って積雪の心配をしなくても良いという利点もある。

バイキングプラン禁煙・和室(2人分)16,200円
バス往復(2人分)11,880円
バス往復(2人分)《無料クーポン》-11,880円
入湯税(2人分)300円
合計(2人分)16,500円

07:50に新大阪に集合し出発する。11:45頃『南条S.A』で休憩。そこで昼食として【福井名物おろしそば/670円】を食べる。

12:00 『黒部・宇奈月温泉 宇奈月グランドホテル』に到着。バス車内で部屋の鍵を配られてチェックインは終わり。そのまま各自それぞれの部屋へ行く。

きれいで広々としたフロント。

椅子の十分にありゆったりできる。

部屋は本館413号室。シリンダータイプの鍵を開ける。

まぁまぁ広い和室。古さはあるもののきれいに掃除はされており、セーフティボックスや冷蔵庫など必要なものは一通り完備されている。窓の外は雪景色。トイレはもちろん温水洗浄便座。

《画像は公式HPより》温泉は日本一の透明度を誇る名湯。循環されているもののアルカリ性で気持ちがいい。

夕食はレストラン『きときと』でバイキング形式。

  • ブリしゃぶ鍋
  • 大仏コロッケ
  • ホテルイカの和風パスタ
  • ます寿司

など、ご当地の料理もたくさん。

もちろん生ビールがすすむ。ちなみに朝食も同じ場所。

朝食と機械でのチェックアウトが終わり、帰りのバスの出発まで4時間もあるので、近所の散歩をする。散策のために防寒ジャケットや長靴の無料貸出がある。

メモ

名 称:宇奈月グランドホテル
他表記:うなづきぐらんどほてる
所在地:富山県黒部市宇奈月温泉267
ご注意:この記事の情報は2019年01月ごろのものです。

総湯:湯めどころ宇奈月

まずは『総湯:湯めどころ宇奈月』で入湯する。湯快リゾートから徒歩1分のところにある。

[入浴料/500円]×2人を券売機にて購入。

最近建設されたばかりなので、脱衣所も浴室もめちゃくちゃきれいでオシャレ。

ここは〔天然温泉かけ流し〕である。脱衣所の表示板を見るとその微妙な表現の理由がわかる。塩素系薬剤投入の循環ろ過装置を使用しながらかけ流しも併用している。体感的には非常に気持ちの良い温泉であった。

メモ

名 称:総湯:湯めどころ宇奈月
所在地:富山県黒部市宇奈月温泉256-11
営 業:09:00-22:00
定休日:火曜日
ご注意:この記事の情報は2019年01月ごろのものです。

黒部川電気記念館

宇奈月駅の前に関西電力の施設である『黒部川電気記念館』というのを見つけた。無料なので入ってみる。

黒部川は水の宝庫ということで「水」がテーマになっている。そしてその水を活かした水力発電のしくみや役割について詳しく知ることができる。

メモ

名 称:黒部川電気記念館
所在地:富山県黒部市黒部峡谷口11
ご注意:この記事の情報は2019年01月ごろのものです。

大阪へ帰る

13:00 大阪までの直行バスに乗り込む。昼食については朝食バイキングでたらふく食べてお腹が空いていないので、帰るまで何も食べないでも大丈夫。新大阪駅に到着したのは 18:40 であった。

タイトルとURLをコピーしました