『ホテルシーモア』1つだけ残念なことが…

2018年3月に大規模リニューアルによって有名な梅樽温泉は無くなったが、それでも『ホテルシーモア』への強い憧れは変わらなかった。いったい何度、ホテルシーモアを横目で見ながら羽毛布団を積んだステーションワゴンで車中泊しただろう。しかし、このたび政府による[GoToトラベル]とやらでひろしでも手の届く宿泊料が実現した。このチャンスを見逃してはなるものかと予約した。で、実際に宿泊してみて120点をあげたいくらい超快適だったが、ただ一つだけ残念なことが…。

楽天トラベルからだとGoToトラベルも楽ちん♪

楽天スーパーSAIL10%OFF&ポイント10倍!幻の魚と呼ばれているクエを会席で◆2食付/デラックスツインルーム/海を臨む/50㎡/禁煙(2人分) 44,100円
GoToトラベル(2人分) -14,385円
楽天スーパーSAIL3000円クーポン♪ -3,000円
入湯税(2人分) 300円
合計(2人分) 27,015円

 

先回の『湯快リゾートかいけ彩朝楽』のときは宿泊証明書と明細書をもらって帰宅後あれこれとGoToトラベルの申請に手を焼いたが、今回は何気なく楽天トラベルサイトから予約を試みてみると、なんと簡単なことか!今回はGoToトラベルの割引後の料金が自動計算されて、その料金で予約ができるという素晴らしいシステムに感動したのであった!

『ホテルシーモア』に到着

まずは名物の『インフィニティ足湯』に行って撮影をする。太平洋を一望する長さ30メートルの足湯となっていて、日常から解放されるひとときを味わえる。足湯のためのタオルは出入口に積み上げられていて無料で借りられる。

記述は前後するが、駐車場は建物1階の吹き抜け車寄せを通り抜けたところにあってリゾート感満載。玄関はリニューアルしてかなりおしゃれ。

玄関から入るとまずおしゃれなパン屋さん『TETTI BAKERY&CAFE(てちベーカリー&カフェ)』。ロビーにはたくさんのソファとテーブルがあるので、多くの客がここのパンとコーヒーを買って飲食していた。

巨大な吹き抜けの下にあるフロントでチェックイン。このときに渡された部屋の鍵は1つ。しかもこれを壁穴に刺し込むことで主電源が入るシステム。「もう一つ鍵をください」と申し出ると「すみません。鍵は一つだけなんです」とフロントスタッフからのお返事。これは強烈に残念!鍵が一つだけなのは不便極まりない。大浴場でも上がる時間を気にしないといけないし、一人が熟睡している最中に部屋を出れないなど自由がかなり制限される。これだけ大規模にリニューアルしたのだから、部屋の鍵もカードキーにして人数分配布というシステムにしてほしかった。今回の旅行でこのホテルでの残念な箇所はこの一点だけ。他のすべては満足いくレベルであったが、この一点の残念度は大きい。

フロント横にあるアメニティコーナーで必要なものを取り集める。

浴衣も好きな絵柄を選ぶことができる。枕コーナーには自分に合った枕を選ぶことができるのだが、これを忘れていて17:50に訪れたときには全て貸し出された後で一つも残っていなかった。愕然とするひろこ。

昨今の居ぬき物件を改装したホテルにありがちなエレベーターの狭く遅いというものとは違って、すぐに来るし速度も速く非常に快適な最新式。フロント頭上の吹き抜けは豪華なリゾート感を醸し出す。2階には娯楽場があって無料でボルダリングやビリヤードなどで遊べる。防音室にはドラムもあって無料で自由にたたける。初ドラムに挑戦して面白かった。

324号室。さすが50㎡の部屋だけあって広々♪中央に小窓があって浴室と部屋が互いに丸見えというシェラトンワイキキを彷彿させるレイアウト。枕元にはすべての照明のスイッチとコンセントがあって便利。さらに、この部屋にはいたるところにコンセントがあって充電には決して不自由しない。

トイレはもちろん温水洗浄便座。しかも自動便器洗浄機能付き。つまり自動で流れるのである。ちょっとタイムラグがあって、用を足して便所を出たところくらいでジャーと流れる。それと窓は星印の部分だけ網戸になる。冷房を切って外の潮風に浸るのも良い。

部屋の窓から見ていると、特にサンセット時、インフィニティ足湯には多くの人で賑わっていた。もちろん部屋からのサンセットも最高である。

なんと、LEDで番号も光るし内部も照らすセーフティーボックス。黒い財布や車の鍵などはわかりにくいので便利。

『円座(わろうだ)』で夕食

大きないけすのある『円座(わろうだ)』の入口はホテル玄関から徒歩1分のところにあって建物内部でつながっていない。雨が降っているときなどはちょっと大変かも。

今回は【紀州本九絵会席付き】のプランを予約!なんと【鮑踊り焼き】まで付いていた!とにかくどれもこれも旨い!日本って良いな~!

  • 梅酒
  • 前菜三種
  • 紀州本九絵薄造り 他三種盛
  • 鮑踊り焼き
  • サラダ
  • 紀州本九絵茶碗蒸し
  • 紀州本九絵竜田揚げ
  • 紀州本九絵小鍋
  • 紀州本九絵釜飯
  • 香物三種
  • 吸い物
  • 季節のデザート

最近、渋谷凪咲の活躍が顕著だからというわけではないが、気分が乗ってきたので【ナギサビール/700円】を頼んだ。数種類ある中で、この店で飲むことができる2種類のナギサビールを注文し飲んでみた。〈アメリカンウィート〉は爽快でさっぱりしている。〈ペールエール〉は「ナギペ」という愛称で知られる代表作らしく濃厚で味わい深い。ひろしが常飲しているスーパードライと比べると、どちらも苦みが若干強いが、IPAみたいに苦痛なほど苦いわけでもない。それどころか目の前の魚介料理とよく合う適度な苦みとなっていて、それがまた食欲を掻き立てる。ひろしの好みはアメリカンウィートだったが、ペールエールも何回か飲めばクセになるかも。

温泉-梅樽がなくても気持ちいい!

改装のため名物梅樽はすでに撤去。浴室は三階建てとなっていてすべて階段で上り下りし、それぞれの階に浴槽と洗場がある。下肢に障害がある人はちょっと辛いかも。写真は公式HPのもので一番下の階にある『露天風呂 三段の湯』。深さ120cmのこの立ち湯は源泉かけ流しらしい。中階にもつぼ湯の源泉かけ流しがあった。非常に気持ちの良い温泉であった。

脱衣所入口の廊下には『シャンプーバー』なるものがある。5種類のシャンプーとトリートメントがあり、お気に入りのものを自由にカップに汲んで大浴場に持って入るというおしゃれなシステム。ただ、大浴場洗い場にもそれなりに良品なシャンプーとトリートメントが完備されているので、ひろしはそれで十分であった。あと、この横に『貴重品ロッカー』や畳の上でごろごろしながらマンガの本を読める『うたたねルーム』が設けられている。

『by the ocean』で朝食

約80品の料理を提供する『by the ocean』の朝食ビュッフェ。どの料理も普通レベル以上に美味しい。梅そばなどあって和食も美味しいが、どちらかというと洋食の美味しさが際立っている。基本的にパンが焼きたてで美味しい。

食べ始めて30分後、数量限定で特別メニューの【フレンチトースト】が突然提供された。不意にこのような料理が出されるので、ゆっくり滞在したほうが良さそうである。

白浜海中展望塔(コーラルプリンセス)

せっかく宿泊したのだからと『白浜海中展望塔(コーラルプリンセス)』に行く。通常800円のところ宿泊客は700円。入場券はフロントで買うのだが、現金のみで部屋付けにもできない。展望塔は沖合100mに位置し、高さ18m水深8mということなので約20mほど螺旋階段を降りることになる。360度に設けられた窓からはうたい文句どおりチヌやグレなど数十種類の魚を鑑賞できる。ただし、この近くの臨界海水浴場で見られる色とりどりの珊瑚や魚と比較すると、かなりモノクロな感じ。それでも20分も夢中になって見入ってしまったひろしとひろこがそこにいる。

展望塔までの欄干からは、今まで数十回は入ってきたであろう『崎の湯』が見える。いつもあの場所で真っ裸の状態だったと思うと何だかマヌケな感じ。

メモ

名 称:ホテルシーモア
所在地:和歌山県西牟婁郡白浜町1821
ご注意:この記事の情報は2020年09月ごろのものです。

タイトルとURLをコピーしました