2020年10月 北海道(函館)-③

『2020年10月北海道(函館)-②』の続き。(今回の旅行のJTB商品と料金はこちらを参照)

 

函館国際ホテルでの朝食

函館国際ホテルでの朝食は『アゼリア』でビュッフェスタイル。

 

イクラやサーモン、甘えびなど豪華な海の幸を好きなだけ盛って作る【オリジナル海鮮丼】や、ご当地【函館らーめん】など。四川激辛麻婆豆腐はホントに辛く、ひろしは小さじ一杯が限界であった。

 

カフェコーナーにはUCCブランドのほか函館1932年に誕生した老舗の美鈴珈琲もある。すぐ横に函館牛乳もあるので良質のカフェオレが作れる。

 

函館国際ホテルで自転車をレンタルしようとしたが…

朝食後は自転車を借りて元町エリアを散策しようと意気込んだ。フロントに行ってレンタサイクルを申し込む。計3人のスタッフを介してようやく駐輪場へと案内された。そこで自転車を見て愕然とする。ひろこは足首あたりまである長いワンピース姿。えっ乗れるのか?腰かけてみようと試みるもやはり無理である。フロントで支払いを済ませる前の対応した3人のうち1人でも、こんな自転車(クロスバイクというのかな?)であることを言ってほしかった。フロントに戻りキャンセルする。なんで全車こんなスポーツタイプなん?カゴ付きママチャリが2台くらいあっても良くないか?このホテルの客への考え方に不信感を抱いた一幕であった。

 

日本最古のコンクリート電柱

堂々と威厳を放つ『日本最古のコンクリート電柱』。1923(大正12)年に建造され、高さ10mの珍しい角錐形。函館は火事が多いのでコンクリート製となったらしい。海岸近くにありながら劣化なども見られず比較的きれいな表面をしていてその耐久性に驚く。

 

赤い靴の少女像

童謡『赤い靴』のモデルとされる少女〔きみちゃん〕の像。イタリアローマで制作されたらしい。

 

市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)

歩いていると『市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)』というのがあり休憩がてら入ってみた。入館料は100円。

 

館内は明治時代の函館のハイカラ文化を中心に展示。大火が多い函館で、その大火を乗り越えてきた煉瓦造りの難燃建築のこの建物は貴重な存在。館員が丁寧に説明してくれる。その中でも面白かったのが『ケレー酒』。これは鶏の肉汁で滋養強壮に効果がある薬として販売されていたらしい。当然、すぐに腐ってくるので多くの人がお腹をこわしたらしく「まずはニオイをかいで腐ってないか確認してください」と注意喚起していたらしい。

 

函館元町エリア

さて、ここからは元町エリア散策。これは『旧イギリス領事館』前の『基坂(もといざか)』。この上の『旧函館区公会堂』は保存修理工事のため外観すら見れない。

 

『旧相馬邸』『ハリストス正教会』『聖ヨハネ教会』『カトリック元町教会』などを見る。

 

最後に『八幡坂』。なんと美しい坂なのだろう。CMのロケ地だったことで「チャーミーグリーンの坂」とも呼ばれている。

 

八幡坂からタクシーを拾ってホテルまで帰った。料金は560円。

 

函館朝市『すずや食堂』は親切

JTBのお得な《旅の過ごし方電子クーポン》を使う。やってきたのは函館朝市エリアの中にある『すずや食堂』。ホテルから徒歩6分ほどの距離のところにある。

 

時間はホテルで朝食ビュッフェを食べたあとの11:00。まだ空腹ではないのでとりあえず【すずやの海鮮丼/無料】を二人で食べる。もう一つ、無料で何か注文できるので【ほっけ】をお持ち帰りとして包んでもらう。この店の女主人がとにかく優しく親切で評判なのもうなずける。また函館に来た折にはこちらの店を利用したいと思った。ちなみにほっけは自宅まで持って帰って食べたが「こんな旨いほっけは食べたことがない!」と二人で叫んでしまうほど感激したのであった。

 

函館帝産バスで[JR函館駅→函館空港]

11:20 JR函館駅に来た。函館朝市『すずや食堂』から徒歩3分。

 

JR函館駅バスターミナル11番のりば。ここから[函館帝産-空港連絡バス]に乗る。料金はJR函館→函館空港で450円。

 

このときに乗車したのは11:40発。時刻さえあえば函館国際ホテル前出発の便もある。

 

12:00 函館空港に到着。

 

ANAで[函館→伊丹]

函館空港ターミナル内は3階吹き抜け。エスレーター横には大きな水槽があってマコンブなどの海藻がユラユラ!まさに北海道ならでは!

 

1階にある唯一のコンビニ『カペラ』。そこにはセイコーマートの人気商品も取り寄せて置かれている。

 

【とうきびモナカ】と迷ったあげく【北海道メロンソフト/200円】にした。これを3階送迎デッキに持って行き、屋外の気持ちいい場所で食べた。こりゃ旨いわ。

 

無事に保安検査を通過しゲートエリアへ。復路は事前に座席指定を終えていたのでスキップサービスができ、カウンターでのチェックインは省略できた。

 

Gate4で待機するANA746便[13:25函館→15:05伊丹]機材B737-800。

 

大阪も天気が良く生駒山上もよく見える。

 

定刻通り伊丹に到着。

 

 

タイトルとURLをコピーしました