『岐阜タンメン -21号茜部店』野菜がもっとほしいかも

高山市から大阪に向かって、行きと同じで高速道路は使わず41号線、そして21号線を下ってきた。そろそろお腹が空いてきた。大阪人として「タンメン」という言葉にはあまりなじみがないので『岐阜タンメン』の看板に目が釘付けとなり興味がわいたので訪店した。

『岐阜タンメン -21号茜部店』。[辛さなし]~[5辛]まで辛さを選べるというので、店員と相談の上[2辛(口の中がピリピリ!ちょい辛です!)]を選択。

【岐阜タンメン/780円】。塩っけがある神座や彩華みたいで、かつ野菜は少なめ。タンメンってもっとたっぷり野菜が入っているものだと思っていたから少し期待はずれ。辛さはというと、ひろしは辛さに強いわけでも弱いわけでもなく標準的な舌の持ち主だと思うのだが、[2辛]は全くといっていいほど辛さを感じないというのが感想。美味しかったのには違いないが、積極的にまた是非食べたいとまでは思わなかった。空腹時たまたま通りかかったなら、訪店してもいいかもといった気持ち。

メモ

名 称:岐阜タンメン -21号茜部店
他表記:ぎふたんめん -21ごうあかなべてん
所在地:岐阜県岐阜市茜部菱野1-26
ご注意:この記事の情報は2021年09月ごろのものです。

タイトルとURLをコピーしました