『忍野八海』これぞ日本!

ずっと前から行きたかった『忍野八海』。ここには絶対に富士山が見える晴れの日に来ることが条件だった。天気予報とにらめっこしながら自分の予定と照らし合わせて、ようやく来ることができた。

09:10 まだ早朝だからか、一番人気の『池本売店駐車場』にC-HRをとめることができた。無料だが売店の専用駐車場ということで、池本売店で【ほうとううどん】などのお土産を購入。このあとまずは『忍野村観光案内所』に行って忍野八海マップを入手し散策開始となる。

嘘みたいな景色、最高!池本売店の店先にある『中池』。忍野八海の中心に位置し最も賑わいのある人気の池である。しかしこの『中池』は八海の一つではないということを現地で知って驚きを隠せなかった。

池本売店を経由してからでないと行けないのが『中池』のさらに内側にある池。水深10mというこれまた忍野八海で最も深い池(といっても前述のとおり八海の一つではないのだが)である。覗き込むと、まぁすばらしい青々した透明感。みんなこれを撮影しようとスマホをかざすのだろう、池底にスマホが1台沈んでいた。ちなみにこの池にお金を投げ入れると罰金千円

有名な『渡辺食品』。忍野村産よもぎ使用【草もち/100円】と【ホワイトショコラ/300円】を買って食べる。「白いとうもろこし下さい」というと「ホワイトショコラね!」と言われた。草もちの餡は甘すぎず上品な味。とうもろこしは甘くて美味しい。

菖蒲池の横には『菖蒲池公園』という茅葺屋根の建物がある公園がある。トイレもあるのでとうもろこしでべちゃべちゃになった手を洗う。結局、飲食店には入っていないのだが『出口池』以外の池はすべて制覇。1.5時間ほどの滞在で忍野八海を満喫した。

メモ

名 称:忍野八海(おしのはっかい)
所在地:山梨県南都留郡忍野村忍草
ご注意:この記事の情報は2021年11月ごろのものです。

タイトルとURLをコピーしました