『くれたけイン富士山』コスパ良し!

今晩はホテルに泊まって明日、下道をタラタラ走って帰阪するつもり。それで選んだのが 楽天トラベル でなかなかの高評価だった『くれたけイン富士山』。ワンドリンクサービスも良い!窓から富士山も良い!露天風呂から富士山が見えるのも良い!社員の接遇も良い!

ツイン/朝食バイキングあり/ワンドリンクサービス/ベッド100cm×2台/14㎡/バストイレ付/男女入替露天風呂/禁煙(2人分) 7,124円
ダイヤモンド会員限定 -712円
楽天ポイント利用 -6,400円
駐車場1泊 500円
合計(2人分) 512円

 

部屋鍵がカード式じゃないのと1つだけなのが残念

17:00 チェックイン。部屋は206号室。予約時に電話で「できれば富士山の見える部屋にしてほしい」とお願いしておいた。もちろん状況によって無理な場合があることを了承。アメニティグッズはフロント横にあるのでセルフで各自が持って行くシステム。ルームキーがシリンダータイプなのと1つだけなのが残念。やはりカード式で2つほしいところ。

部屋に入ると14㎡で、まぁ広くはないが必要にして十分。効率的に家具が配置されている。

富士山が見える部屋!

窓からは2階という低層ながらも富士山がはっきり見える。うれしい。ホテルスタッフがこちらの要望にきちんと応えてくれたのだろう。予約時に電話で「できれば富士山の見える部屋にしてほしい」とお願いしておいたのである。もちろん状況次第では無理な場合があるのは了承の上である。

ユニットバスは普通レベル。部屋着あり。ベッド周りにコンセントや照明スイッチが集中。

テレビとデスク。ひと通り必要なものは備わっている。冷蔵庫はベッドが邪魔で開けにくい。チェックイン時には電源が入っていないので、庫内上部にダイヤルを回してONにする必要がある。

夕食は『回転寿司魚磯』

夕食はホテルおススメの『回転寿司魚磯』。ホテルから徒歩5分。

入店時には広い店内にひろし夫婦以外の客はおらず不安にかられる。もちろんお寿司が回転しているはずもない。だが、むしろ中央に立つ寿司職人はひろし夫婦の専属と化し機嫌よく握ってくれる。これが非常に美味しい。

職人が握ってくれるわりには安いし、もちろん美味しい。結局【地魚三種/398円】【駿河湾三種/295円】とかを注文した。もちろん生ビールも飲む。

ワンドリンクサービスは夕食に利用できる!

夕食から帰ってきてこのホテルの〈ワンドリンクサービス〉を利用する。ワインや日本酒、生ビールもある。おつまみもある。出張男性のような人を見ていると弁当を持ち込んでビールを飲んでいる。そういう利用の仕方があったのか!すっかり自前の食料品を持ち込んではマナー違反なのかなと思い込んでいたのが間違いだった。電子レンジもあるので完璧。

ということで、次回の弁当買出しのために徒歩3分の『西友』に赴いた。富士市の中心街に位置しているだけあって各種弁当が売場にたくさん並んでいる。

富士山が見える露天風呂

男女別浴場は入替制。片方だけに露天風呂がある。今回は露天風呂から富士山が見える朝の時間は、男性となった。

すだれ越しに見える富士山。リーズナブルな宿のわりに贅沢である。

朝食バイキングは美味しくて十分な品数!

朝食バイキングは無料にしては品数豊富。

ご当地名物の【黒はんぺん】や【富士宮やきそば】なんかもある。注意すべきは、常時それらが提供されているわけではなくて、例えば最初はスパゲッティだったが、それが空になると富士宮やきそばが出てきたという感じでタイミングがある。

飲み物も種類は十分。シリアルもある。食べ終わったあと、紙コップにコーヒーを入れて、それを部屋まで持って行きテレビを見ながら寛いだ。

メモ

名 称:くれたけイン富士山
所在地:静岡県富士市永田町1-124-1
ご注意:この記事の情報は2021年11月ごろのものです。

タイトルとURLをコピーしました