『姨捨駅(おばすてえき)』由緒ある奥深い駅

車中泊した道の駅奈良井を 05:40 ごろ出発し小布施に向かう途中の403号線を走っていると『姨捨駅』という標識を発見。たしか鉄道ファンの名所だったはず。ということで急遽立ち寄ることにした。ひろしは鉄道ファンではないが交通系には少なからず興味がある。

『姨捨駅』。無料駐車場はここから200m先にある。姨捨駅に改札はなく自由にホームに立ち入ることができる。

おばすての由来となる民話が展示されている。ハッピーエンドの民話なのだが、しみじみと胸にしみるものがあり、それを読んで涙ぐむひろこ。

眺望や夜景がキレイということでも有名。

スイッチバック駅ということでも有名。その昔、SLでは力が弱く、急こう配の途中で停車してしまうと再び動き出すということが困難だったため、急こう配の途中から線路を分けて、平らな場所に駅を作った結果、スイッチバック形式となった。

ちょうど列車が来たので撮影。急こう配の本線との比較ができてわかりやすい。現在08:45、電車内はもっと閑散としているのかと思いきや座席がほぼ埋まっているような、まぁまぁの混雑ぶり。

スイッチバックの果ては当然行き止まりである。

タイトルとURLをコピーしました