『松本ツーリストホテル』使い勝手良し!

安さ、立地、レンタサイクル無料、大浴場、無料で利用できるプール付きジム、素朴な朝食、などが魅力で『松本ツーリストホテル』を予約した。

メモ

名 称:松本ツーリストホテル
所在地:長野県松本市深志2-4-24
ご注意:この記事の情報は2022年05月ごろのものです。

予約は公式HPからのほうが100円~200円ほど安いが楽天ポイントのために楽天から申し込む。

料金表
【一番人気】朝食無料スペシャル/南館ダブル禁煙/男女大浴場無料/11時チェックアウト(2人分)7600円
楽天ポイント利用-500円
合計(2人分)7100円

チェックイン前に駐車し無料レンタサイクルで松本城へ

大王わさびで昼食後、13:15に『松本ツーリストホテル』に到着。駐車場はあちこちに点在していて、ホテル前には2台のみが駐車可。ひろしの到着直前に1台が到着していたので、ギリギリセーフであった。早いもの勝ちである。駐車料金は1泊750円15時以前と11時以後は100円/1hの料金がかかる。2階にあるフロントへは外階段か内部のエレベーターを利用。チェックインはまだなので荷物はC-HRの車内に置いたままにしておく。

ロビーにある【そばの実入り麦茶】を飲む。ここで大失敗。奥にある松本城入場割引券の案内を見落としていた!松本城から帰ってきてこの案内を発見しガッカリ。しかもフロントでレンタサイクル借用を申し込む際「松本城に行くんです」と告げていたのに、男性スタッフは「そうですか。あちこちに井戸があるのでそれに立ち寄るのも良いですよ」と…松本城入場割引券のことは言ってくれなかった。たぶん地図を出したり自転車の説明で忘れてしまったのだろう。とまぁそんな感じでとにかく 13:30 に無料レンタサイクルを借りる。チェックインはまだできていない。

自転車をこいで松本城にやってきた。天守閣だけじゃなく内堀の中に入場するところから入場料700円が必要。ちなみに『2021年に感動したお城!お城ファンが選んだ推し城』で堂々1位を獲得しているらしい。

天守閣の内部は急な階段が印象的。現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城ということらしい。外観は五重、内部は六階という面白い造り。

月見櫓(つきみやぐら)は明るく開放的。

松本城から退出しホテルまでの帰り道で、数ある井戸の中でも最もメジャーな『源智の井戸』に立ち寄って水を汲む。毎分200リットルの湧水量がある名水である。写真の自転車は松本ツーリストホテルのレンタサイクル。

チェックイン

ホテルの無料レンタサイクルで松本城に行ってきたので 15:45 にチェックイン。

チェックインを済ませたら各自フロント横にあるアメニティグッズを持って行くシステム。部屋着で朝食会場に行くのは厳禁。

ルームキーはシリンダー式で1個。カード式で二人分が理想だが、まぁ安宿だから仕方ない。女性用大浴場への入場は暗証番号が必要ということで暗証番号が記載された紙を渡された。あとは名物朝食の朝食券。

南館2階1225号室。フロントから薄暗い病棟のような廊下を歩いて最も奥の部屋。エレベーターに乗らなくて良いのは至極便利。部屋はというと、古さは否めないがきちんと清掃されており不快感はなかった。面積17㎡とそこそこ広く衣類等の片付けがしやすい。幅140cmのシモンズベッドは夫婦二人で快適に寝ることができた。狭いベッドのツインより良いかも。Wi-Fiも強力とまで言わないが十分使える範囲。空気清浄機を常時稼働していたからか変なニオイは全くなかった。

「松下電工」のユニットバス。古さは否めないがきちんと清掃されており不快感はなかった。もちろん温水洗浄便座トイレ。蛇口からは活性磁化水が出てくるので安心して飲めるということらしい。

1階大浴場。鍵付きロッカー完備。『かぼちゃの湯』というが、かぼちゃが入っているわけではない。お湯は天然の地下水を汲みあげ、活性磁化水製造装置により水のクラスターを細かくし活性化させたもので肌に優しいらしい。エレベーターを使わなければ行けないので、たまにエレベーター内が煙草くさくてガッカリすることがある。ついでに言うと漫画コーナーのある階は喫煙OK部屋の階のようで、その階全体が煙草くさかった。

ベッドサイドには集中スイッチ。時計は針式目覚まし置時計で見やすい。ここにコンセント類がないのはちょっと残念。

スリッパ。これは館内のみ使用可で、朝食会場には行けない。

バゲージラック。大きめなのでタオルや水着も干せて便利。

スポーツジムのプールで泳ぐ!

フロントに申し出てスポーツジム利用書をもらう。これでスポーツジムを無料で利用できる。

ホテルから徒歩2分のところにある『セントラルフィットネスクラブ松本』。プールもあるなんて高級リゾートホテルのレベルだ!もし天候が悪すぎて観光は全滅ってことになった場合でもここで運動してれば時間を無駄にしなくて良い。ただ、子供対象プール教室などいろいろとスケジュールがあるので、そこは事前にホームページで調べておく必要がある。もちろん水着とゴーグルとキャップは自宅から持参。ひろしとひろこは夕食前の 16:30 から30分ほどプールで泳いだ。

朝食は理想的なメニューと適度な種類!

朝食会場『手づくり食堂ぱんぷきん』。現地の名物ランチを食べたいので豪華朝食でお腹いっぱいになるのは嫌だというひろし夫婦にぴったり!種類はそこそこの数で必要十分。煮物・肉じゃが・きんぴら・切干大根などヘルシーかつ信州食材を使ったメニューがずらり。まさに理想的な朝食であった。

タイトルとURLをコピーしました