『ホテルくさかべアルメリア』冷蔵庫もリゾート!

今まで数十回は訪れている下呂温泉だが、実は今までホテル等に宿泊したことがない。泊まっても車中泊だった。そこで今回は思い切って宿泊することにした。いろいろと探していると『ホテルくさかべアルメリア』の 直前割りプラン が最もコスパが良かった。コスパで言えば下呂にある大江戸温泉や湯快リゾートよりも良かった。ただ冷蔵庫が超高級ホテル仕様なので注意するべし。

【直前割りプラン】本館和室10畳/バス・ウォシュレットトイレ/バイキング飲み放題付き/夕朝2食付/眺望指定なし/禁煙(2人分)23000円
楽天ダイヤモンド会員10%割引クーポン-2000円
入湯税(2人分)300円
合計(2人分)21300円

全体的にみて[禁煙]の部屋が少ない。それと比例しているのか客層も昭和のガサツな高齢者が多い印象だった。

メモ

名 称:ホテルくさかべアルメリア
所在地:岐阜県下呂市幸田1811
ご注意:この記事の情報は2022年07月ごろのものです。

15:10 到着。そこそこ激しい雨が降っているので、ひろこは荷物を持ってフロントへ。ひろしはC-HRを運転して200mほど離れた駐車場へ。

C-HRをとめると同時に送迎バスがやってきて運転手が傘を差しだしてくれた。おかげで雨に濡れずにマイクロバスに乗り込むことができた。その後に到着した3台のクルマの宿泊客を同じようにしてバスに迎え入れて、フロントまで運んでくれた。

駐車場の送迎は雨の日に限ったことではない。写真はチェックアウト後の宿泊客のために忙しくシャトル走行している様子。車に忘れ物をしたとかでもすぐに送迎対応してくれる。

正直言って、このホテルの立地は最悪で徒歩ではどこにも行けない。ということで2台のバスが大活躍!下呂温泉街やJR下呂駅に無料送迎してくれるし、現在はコロナの関係で中止しているが、無料で入れる姉妹館の温泉にも無料送迎してくれる。ただ、連泊でもしない限り館内のどこへ行くにも時間がかかるため、あっと言う間に一日が終わってしまう。

本館和室【禁煙】405号室。入室すると電気ポットにはお湯が沸かされていた。人間不信のひろしにとってはちょっとビミョーだが、まぁ気にせずお茶を入れる。スマホ用のコンセントはテレビの上にあるのを使った。布団はレストランに出かけている夕食時に従業員が部屋に入って敷いてくれるシステム。セーフティボックスは窓際の広縁にあるクローゼット内にある。

窓からの景色。建物自体が段々になっているので階下の屋上ビューとなってしまう。高台に建っている意味がない。水色塗装なのと雨が降っているのでプライベートプールのように見える。掃出し窓だが外に出ないよう注意書きされている。ちなみに本館南ウイングや新館だと窓からの景色は良い。

これが部屋にある冷蔵庫の内部。システムがあのリゾートの王様マリーナベイサンズと同じで品物を動かせば即座にセンサーが反応し料金が発生する仕組み。いちいち買いに行かなくても良い反面、持参したお気に入りのドリンクを冷やしておくこともできない。せめて内部を上下二段にして、そのどちらかを持参した飲料を置くスペースとしてほしい。

玄関横にある洗面台。おしゃれで広くて使いやすい。

トイレ・バス。もちろん温水洗浄便座。こちらにも洗面台があるし鏡もある。

お菓子類がたくさん。大きなマイナス要因としては部屋鍵ということ。これはホントに不便極まりない。

ホテルの全貌。下呂の街を見下ろす位置にそびえ立ち、8F露天風呂からの眺望はそこそこ良い。山の傾斜を利用したデザインのため、斜めに動くエレベーター、階段も1F~8Fまで一直線という一度泊まれば忘れられない館内となっている。ただ、せっかく下呂を見渡せる場所にありながら本館北の部屋からの眺めは屋上が見えるだけのつまらないものとなる。

館内図のとおり本当に斜めになっている。新館は3~8Fでエレベーターを乗り換えなければならないし、歩く距離もそれなりにあるので不便を感じるかも。

斜行エレベーターは2機ある。エレベーター内部には大きな窓がありもう1機の動きも見えたり、天窓からは下呂の景色が見えたりと楽しい。ただし、斜めに動くことから横Gがかかって乗客が転倒しないためと思われるが動作速度はかなり遅い

斜行エレベーターが遅いため、1F~8Fまで一直線にのびるこちらの階段を使っている人が少なからずいた。精神的なものもあって、あまり負担を感じさせない階段である。

8F大浴場と展望露天風呂『花見月の湯』。循環ろ過装置式で塩素消毒剤投入ではあるが、日本三名泉のひとつ〈下呂温泉〉のつるつるの泉質〔美人の湯〕を十分に体感できる非常に気持ちの良い温泉。下呂の街を見渡せる眺望も良い。10:00-12:00以外はいつでも利用可。

15:00-18:00には8F大浴場前にある『湯上りサロン』で1人1回無料サービスがある。チェックインの際にもらった無料券を差し出す。ここでは【アイスクリーム】を食べるべし。【生ビール】【ソフトドリンク】はこのあとの夕食で飲み放題だからである。ひろしはすっかりそれを忘れて生ビールを飲んでしまった。アイスクリームは5種類あって、それぞれ30~40%の果汁が入っている贅沢なもの。

2Fにある『湯の森』。太陽光が浴室全体に降り注いで明るい。

夕食は2Fレストランにて17:30-19:00(19:00-20:30を選ぶこともできる)でテーブルは指定されている。料理内容は下記のように豪華なもので美味しい!ひろしやひろこにとってハッキリ言って食べきれないので、直前割りじゃなくて通常宿泊料金を払ってまでは必要ないかな。ただし直前割りだとコスパは最高だ!

【生ビール】【日本酒(常温・熱燗)】【グラスワイン】【麦焼酎、芋焼酎】【チューハイ各種】【ウイスキー】【ソフトドリンク各種】など飲み放題!

シュラスコも食べ放題!

焼き鳥食べ放題!

あさりの酒蒸し食べ放題!

甘海老も枝豆も食べ放題!

朴葉味噌食べ放題!

チェックアウト後、帰宅途中で車窓から見ると「噴水地がない!」と叫んでしまった。幾度となく入湯した噴泉池。こういう風情のある混浴野湯がなくなっていくのは寂しいかぎりである。

タイトルとURLをコピーしました