トロッコに乗って『湯ノ口温泉』

『湯ノ口温泉』は「トロッコに乗って」というのが魅力の一つ。

トロッコに乗る!

瀞流荘発湯ノ口温泉発
8:5016:00
9:5510:55
11:1512:35
13:0014:10
14:3015:40
16:0017:10

トロッコは頻繁に運行しているわけではないので時刻表をホームページで調べてから、それに合わせて到着するように計画しないと待ちぼうけを食らうことになる。ただ、計画してもそのとおりに行かないことも当然のごとく生じる。ひろしは 12:30頃 に到着する自宅を出発したが、途中何度も道路工事中の片側通行で停車を余儀なくされたり、がけ崩れで迂回路を通ったりで結局 14:00頃 に到着した。

『瀞流荘駅』の無料駐車場と駅舎。さて、トロッコの乗車賃だが、以下のようなプランがある。

プラン 大人(子供)
往復550円(280円)
往復入浴券付き880円(440円)
熊野 湯めぐり手形(トロッコ・入鹿温泉・湯ノ口温泉の一日限定フリーパス)1,100円

せっかくなので『入鹿温泉ホテル瀞流荘』のお風呂にも入っておこうということでトロッコと湯ノ口温泉と入鹿温泉を1日何度でも利用できる〔熊野湯めぐり手形/1,100円〕×2人を買うことにした。また『鉄カード』の配布も行っていたので夫婦で一枚ずつ頂くことにした。

「機回し」を終えた状態のトロッコ。「機回し」とは客車を残して機関車だけ切り離し先頭から後方へと移動させること。これにより機関車がまた先頭となって客車をけん引する。

客車はかなり小さくて可愛い。

機関車のボンネットには48個のバッテリーが積まれているらしい。定員8名の客車は身長155cmのひろこでもかなり窮屈だし、横揺れはもちろん車輪からガツンガツンと全身に振動が響く。これらすべてが楽しい!

全長1.07km、約10分のトロッコ乗車で河川上に設置されている『湯ノ口温泉駅』に到着。元々鉱山用トロッコなので途中の僅かな区間を除いてほぼすべてがトンネル。

湯ノ口温泉

『湯ノ口温泉駅』からは清流沿いの路を3分ほど歩いていく。

『湯ノ口温泉』に到着。この建物は高級木材として知られる熊野材がおしげもなく使用されている。駐車場はすぐ横に40台ほど収容できる山間部にしては立派なものが整備されている。

脱衣所ロッカーは100円返却式鍵付きで安心。

加温加水一切なしの正真正銘の源泉かけ流し!スッと体に温泉が染み込んできて全身の力が抜けていく。熊野材の香りも気持ちを落ち着かせてくれる。撮影禁止ではないようだが、他の客がいたので公式HPから画像をお借りした。

帰りは15:40発のトロッコに乗って『瀞流荘駅』へと向かう。

メモ

名 称:湯元山荘 湯ノ口温泉
他表記:ゆのくちおんせん
所在地:三重県熊野市紀和町湯ノ口10
駐車場:あり
ご注意:この記事の情報は2020年06月ごろのものです。

入鹿温泉 ホテル瀞流荘

トロッコの駐車場にC-HRを置いたまま徒歩1分で『入鹿温泉 ホテル瀞流荘』へ。フロントで熊野湯めぐり手形を見せて入館。

脱衣所ロッカーは100円返却式鍵付きで安心。

こちらは普通の循環式。しかも現在は湯ノ口温泉を引き湯して営業しているとのことで厳密には入鹿温泉ではない。まぁそれでもこの施設を利用したということには変わりはないので入湯簿に記録しておく。撮影禁止ではないようだが、他の客がいたので公式HPから画像をお借りした。露天風呂からは雄大な北山川が一望できる。

メモ

名 称:入鹿温泉 ホテル瀞流荘
他表記:いるかおんせん ほてるせいりゅうそう
所在地:三重県熊野市紀和町小川口158
駐車場:あり
ご注意:この記事の情報は2020年06月ごろのものです。

タイトルとURLをコピーしました