マカオタワー展望台

『KKday』で購入したマカオタワー360°カフェでアフタヌーンティセットの食事券(購入方法はこちら)にはマカオタワーの58階室内展望台と61階屋外展望台の入場券も付帯していてなんと約2600円。めちゃくちゃ安い!ということで『マカオタワー360°カフェ』で【アフタヌーンティーセット】を楽しんだあとは展望台へと出かけた。

 

マカオタワーの58階展望台と61階展望台

マカオタワーの58階室内展望台と61階屋外展望台

展望台の場合はエスカレーターで地下2階へと降りる。

 

マカオタワーの58階室内展望台と61階屋外展望台

受付カウンターで再び電子バウチャーを提示し入場券をもらう。

 

マカオタワーの58階室内展望台と61階屋外展望台

カウンターでもらった入場券を手に、展望台入口へと向かう。

 

マカオタワーの58階室内展望台と61階屋外展望台

直通エレベーターで一気に58階の屋内展望台スペース。床がガラス張りの場所を発見。

 

マカオタワーの58階室内展望台と61階屋外展望台

やっぱり足がすくむ透明ガラスの床。

 

マカオタワーの58階室内展望台と61階屋外展望台

モニターが設置されており、ジャンプ台にいる挑戦者の表情なども見ることができる。この後、不覚にも61階屋外展望台へ行くことを忘れてしまってマカオタワーを退出してしまった。

 

マカオバスに乗って『亞馬喇前地』まで帰る

マカオバス

マカオバス[23]番に乗って『澳門旅遊塔(マカオタワー)』からバス停『亞馬喇前地』まで帰る。およそ10分間隔で来るので便利。

 

マカオバス

地図でのルートはこんな感じ。

 

マカオバス

バス[23]番が来たので「2人で12ドル、入れま~す」と運転手がわかるように身振りしながら料金箱にHKD12.00を入れる。

 

マカオバス『亞馬喇前地』

しばらく走行すると車内前方の電光掲示板に『亞馬喇前地』と表示された。ここは大勢の客が乗降するので、降車ボタンを押さなくても絶対に止まるバス停。この後は無料シャトルバスでホテルまで戻る。

 

無料シャトルバスに乗って帰る

無料シャトルバスは星際酒店(スターワールドホテル)とギャラクシーマカオ

無料シャトルバスは星際酒店(スターワールドホテル)とギャラクシーマカオを結んでいる。なので、まず現在地『亞馬喇前地』のバス停から星際酒店まで歩く。

 

リスボア

とりあえずトイレに行きたいのでリスボアカジノへ入場。内部については、さすがは老舗って感じで派手さは無いものの風格ある雰囲気が漂っていた。

 

リスボア

実はこの夜景を見るためにマカオタワーからマカオバスで一気にホテルへ帰るというとこをしないで、わざわざ[23]番バスに乗りこの地区に立ち寄ったのである。

 

マカオ地下道

星際酒店(スターワールドホテル)へ行くための横断歩道は無く、この地下道を通ってホテルウィンマカオのほうに行くようになっている。

 

マカオ ウィンパレス

地下道からの出口を間違えて道路の中州に出てしまった。でもちょうどウィンの噴水ショーがやっていたので、この場所からしばし観覧。

 

マカオ

改めて地下道へと潜り、ウィン前に出る。南灣湖に映る水辺の夜景がきれい。

 

星際酒店(スターワールドホテル)

あれが星際酒店(スターワールドホテル)。ウィンから数分歩いたところ。

 

星際酒店(スターワールドホテル)

星際酒店(スターワールドホテル)に到着するもバスが出たとこだったので、次のバスが来るまでロビーでやっていたマジックショーを見て時間をつぶす。

 

星際酒店(スターワールドホテル)

10分ほどで次のギャラクシーマカオ行き無料シャトルバスが来た。宿泊客である証拠などの提示を求められることはない。

 

星際酒店(スターワールドホテル)

バスに乗ること数分でギャラクシーマカオのロビーに到着。

 

メモ

名 称:マカオタワー展望台
他表記:Macau Tower
所在地:澳門旅遊塔會展娛樂中心
ご注意:この記事の情報は2018年10月ごろのものです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました