ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ) -ルーム編

先回マカオに来た時はベネチアンに泊まったので、今回はそれとは違う別のホテルにしようといろいろ調べた結果、値段はちょっと高いけどギャラクシー内のホテルオークラに決めた。

 

デラックス キングルーム(単位は1部屋)3泊
  • 46㎡
  • シティビュー(実際はなぜかリゾートビューとなる)
  • 朝食なし(事務的ミスで1回だけ無料で食べる)
HKD3,667.68
税金5% HKD183.38
サービス料10% HKD366.76
合計 HKD4,217.82
合計(帰国後に確認したクレジットカードの明細額) 59,972円

予約は『Booking.com』から。クチコミを見ても高評価で期待がもてる。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

マカオ空港から無料シャトルバスで10分。ギャラクシーのダイヤモンドロビーという場所に到着。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

ロビーにはギャラクシー全体の模型が飾ってある。この場所からオークラの建物は、すぐ近くであることがわかる。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

ホテルオークラマカオのフロント。着物の日本人スタッフが常駐(7:00-22:00)しているのが特徴。早速、日本人スタッフの助けを得てフロントでチェックイン。デポジットとしてクレジットカードの提示を求められる。「朝食付きですね」と言われて「違う」とハッキリ断ると「こちらの事務的ミスでした」との返事。先回のマカオの旅行のときもそうだったから、もしかしたらマカオのホテルは大体が追加料金なしで朝食を頂けるシステムなのかも。しかし、午前中から地元有名店に食べに行くという目的があるので、今回はこれで良し。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

ここはG階(地上階)エレベーターホール。日本人スタッフにより部屋へと案内してもらう。エレベーターはルームキーをかざさないと宿泊階には行けない仕組みで、セキュリティも万全。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

部屋は8階の830号室。カードタイプのルームキーをかざして解錠する。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

そこそこ広くて快適。ベッドが大きい。鶴の折り紙がいかにも日本的。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

カーテンを開けると、なんとリゾートビュー。シティビューの部屋より若干料金が高いのだが追加料金なしでOKとのこと。ワンハーモニー(One Harmony)の無料会員カードをフロントで提示したからなのか、もしくは朝食を遠慮したからなのか、理由はわからないが、とりあえず嬉しい。悔しいことに、窓が固定されておりベランダには出れない。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

テレビは42インチ。面白いのはテレビが『パナソニック』で、そのリモコンが『ドコモ』のだったこと。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

デスクの横にカーテンの開閉スイッチがある。ロールカーテンのように上下するタイプ。コンセントはマルチタイプなので日本の家電も使用可能で、電圧は220V。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)Wi-Fi

ギャラクシー内であればどこでもつながる無料Wi-Fi。パスワード入力などは不要で簡単に接続できた。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

テレビの下に冷蔵庫。シンガポールのマリーナベイサンズのように神経質にならなくても大丈夫で、中身を動かしても請求されることはない。空いたスペースにカジノ場から取ってきた水を冷やしておく。

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

部屋から玄関やサニタリーのほうを見るとこんな感じ。すべてガラス壁なのでシャワーしてる人が丸見え。と言っても、電動ブラインドがあるので見られたくないなら遮断することもできる。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

浴槽は足を伸ばして入ることのできる大きさでゆったり寛げる。なんとテレビ付き。ウォシュレット(温水洗浄便座)が標準装備!しかも自動でフタが開閉し、自動で流してくれるタイプ!このあたりはやはり日航系ということで安心。トイレの壁はすりガラスなので丸見えではない。シャワーは固定式だけでなくホースのある可動式も備わっていてうれしい。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

電子式セーフティボックスはクローゼットの中に設置。便利というか面白いのがこのクローゼットの背面も扉となっていてシャワールーム側からの開閉も可能となっている。これで風呂上りに直接クローゼットからバスローブを取ることができる。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

アメニティグッズも充実。入浴剤『温泉の素』があるのは日本らしい。歯ブラシも髭剃りも、海外ホテルで初めて使いやすと思った。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

バスローブのほかにこんな浴衣のようなものもある。

 

ギャラクシーマカオ(ホテルオークラマカオ)

クローゼットの中には高級でおしゃれな傘まであった。

 

 

タイトルとURLをコピーしました