『南部屋』【かき丼】と【穴子重】で大満足!

松島観光は『松島白衣観音展望台』で松島全景を見て『南部屋なんぶや』でランチを予定している。ま、気が付くと遊覧船にも乗っていたのだが…。

メモ

名 称:南部屋なんぶや
所在地:宮城県宮城郡松島町松島字町内103
営 業:10:00-16:00(水曜休み)
駐車場:あり
ご注意:この記事の情報は2022年10月ごろのものです。

南部屋には駐車場がないし、その周辺はコインパーキングなので町営無料駐車場にC-HRを停める。海岸までわずか徒歩5~6分、距離にして500mほどなので使わない手はない。

このまま道沿いに歩いていけばJR松島海岸駅にたどり着くのだが、田町歩道橋のほうに降りていけばかなりの近道となる。

町営無料駐車場から徒歩10分で到着。ちょうど開店の10:00だ。『南部屋』は「なんぶや」と読む。初代経営者が岩手県の南部出身で、江戸時代に南部藩の殿様をもてなしたところ大変喜ばれて「南部屋」の名を賜ったらしい。かなりの老舗である。

元々はうなぎが名物だったが、ほかにも牡蠣や穴子、牛たんなどの評判が良い。

ひろしは【かき丼】ひろこは【穴子重】を注文。

【かき丼/1500円】。牡蠣はもちろん宮城県産。小ぶりだがプリプリ!タレが美味しい!

【穴子重/1900円】。仙台湾で獲れたもので小ぶりだが美味しいのが特徴!秋冬の穴子は脂がのってふっくら旨い!

タイトルとURLをコピーしました